低温処理

原料の低温処理

凍結造粒は、化学品および粉末原料を低温処理(造粒)する商用生産法として活用されています。原料液滴を独自に冷凍保存することによって均質な粒子が得られ、最終製品の特性を高めることができます。

懸濁液を液体窒素に噴射し、生成された液滴を瞬間冷凍します。その後、瞬間冷凍した液滴(顆粒)を凍結乾燥機で冷凍乾燥することで、有機複合物のダメージを最小限に止めて均質性を損なうことなく昇華させて、溶剤(水または有機溶剤)を取り除きます。