原料合成

凍結造粒による原料合成

凍結乾燥原料合成における前駆体粒子の製造用に優れた手法です。ボールミル粉砕など機械的処理に応じて、始めに可溶性または非可溶性の化合物を水または適した有機溶剤に混ぜ合わせます。次に、均質性を保ちながら溶液/懸濁液を凍結乾燥します。これにより、その後に続く熱処理(焼成)後に原料混合物を高収率で得ることが可能になります。凍結乾燥中に融解するのを防ぐため、溶剤/前駆体混合物の凝固点を約-20°C以下に下げられない点が溶剤と前駆体混合物における唯一の制約です。凍結造粒では比較的低密度の顆粒が得られるため、従来の乾燥造粒法の場合と比べて、焼成した原料をご希望のサイズに容易に分散できます。

詳細やお使いの粉末システムの造粒テストについては、お問い合わせください。

原料合成